WordPress ブログの始め方

Classic Editorで記事を作る操作方法を解説┃初心者向け

 

「Classic Editorで記事を作る操作方法」を説明します。

Classic Editorとは、「人気だった過去の記事作成画面」に切り替えるプラグインです。

「Classic Editorの特徴」→「記事作成画面の操作方法」→「プラグインのインストール方法」を解説していきます。興味がある人は読んでみて下さい。

※絶対にClassic Editorを利用すべき!と催促しているわけではありません。説明を読み「使えるな」と思ったら使ってみて下さい。

しょうだい
副業サラダは使ってるよ

 

 

Classic Editorで「文章装飾しやすい環境」が整う

これがClassic Editorを利用した場合の記事作成画面です↓

ClassicEditorのエディット画面

WordPerssがバージョン5.0(2019年)になるまでは上図のような記事作成画面でした。バージョン5.0以降はGutenberg(グーテンベルク)と呼ばれる新エディターが採用され、現在の記事作成画面となりました。

現在の記事作成画面はこんな感じですよね(Gutenberg画面)↓

Gutenbergのエディット画面

エディターがGutenbergに変更され「記事が直感的に書きやすい画面」になりました。「記事を書くことに特化した無駄な表示がないエディター」なのでブログを書くことに慣れていない人はGutenbergの画面が楽かもしれません。

しかし、記事作成に慣れてくると「文章をサクサク装飾したいんだけどなぁ…操作がいちいちめんどくさいんだよねぇ…」となってくるんですね。

しょうだい
管理人はそう思ったよ

その点、Classic Editorは装飾パーツが表示された「直感的に文章を装飾しやすい画面」になっています。

ClassicEditorは装飾パーツがどこにあるかすぐわかる

上図で説明した通り、装飾パーツが表示されているので「あ、このボタンで太字にできるな」、「このボタンでリンクが張れるな」と分かりやすいです。

WordPerssの運営さんは「誰でも直感的に書けるエディター」を目指したわけですが、記事作成に慣れたブロガーは「簡単に記事装飾できるエディター」を求めたのでGutenbergが採用された当時はたくさんのブロガーさんが困惑したそうです。

今でも過去のエディターに需要があるため「じゃあプラグインとして用意しよう」となりClassic Editorが生まれました。

人気テーマAFFINGER6では推奨テーマとしてClassic Editorがおすすめされています。副業サラダではAFFINGER6を利用してブログ運営していることもありClassic Editorを利用しています。

各エディターの特徴を覚えよう!

  • Gutenbergは「誰でも直感的に書けるエディター」
  • Classic Editorは「簡単に記事装飾できるエディター

ではここからはClassic Editorを使って記事投稿する方法を「記事作成画面への辿り着き方」→「各基本エリアの説明」→「各詳細エリアの説明」の流れで解説します。

しょうだい
もうClassic Editorを使ってみたいという人は「インストール方法」までスキップして!

 

「記事作成画面」への辿り着き方

「投稿」をクリック

【WordPress】はじめての記事を書いてみよう

WordPerss管理画面の左側から「投稿」をクリックしましょう。

「新規追加」をクリック

【WordPress】はじめての記事を書いてみよう_「新規追加」をクリック

画面が切り替わったら上図のように「新規追加」をクリックします。

これで記事作成画面が表示されます。

超シンプルですよね。

しょうだい
ここから先は各エリアの解説に移りたいと思います

 

各基本エリアの説明

【WordPress】はじめての記事を書いてみよう_エリア説明

記事作成画面の各基本エリアはざっくりこんな感じになってます。何回か記事作成するうちに体が覚えるので丸暗記は不要です。「ふーん」程度で流してOK。

しょうだい
1つずつ解説するね

タイトル

タイトルの位置はここ

ここに入力した文章が記事タイトルになります。

タイトルは32文字に収めるのが理想とされます。ただそんなに厳密にこだわる必要もないです。知識として覚えておいてください。

(32文字以内だとググって表示されるタイトルがすべて表示されるので推奨です)

パーマリンク(記事のURL)

パーマリンク設定の位置はここ

「この記事のURL設定」を決められます。

パーマリンクは記事の内容が理解できる文字列で設定すると良いです。

日本語ではなくアルファベットが推奨です。

本文エリア

本文エリアの位置はここ

ここに記載した内容が「記事文章」になります。

読者さんに伝えたい文章を入力しましょう。

下書き保存(作成途中にクリックで保存)

下書き保存ボタンの位置はここ

記事を下書き保存したい時に利用します。

定期的に下書き保存しつつ記事作成しましょう。

プレビュー

プレビューボタンの位置はここ

記事がどんな風に表示されるか確認したいときにクリックします。プレビューするとこんな感じで確認できます↓

【WordPress】はじめての記事を書いてみよう_プレビュー画面

記事作成中に定期的にプレビューしながら進めると雰囲気が掴めモチベーションが維持できますよ。

 

公開(記事が完成したらクリック)

【WordPress】はじめての記事を書いてみよう_公開ボタンの位置はここ

公開をクリックするとサイトに記事をUPします。

記事がまとまったら最後にクリックしましょう。

装飾パーツ群が視認できるのがメリット

ClassicEditorは装飾パーツがどこにあるかすぐわかる

正直ここを解説する必要ってあんまりないので割愛します。Classic Editorの特徴は「視認できる位置に装飾パーツ群がある」ということなので「この装飾があるから良い」とは違うためです。

Classic Editorを利用したから特別なことができるのではなくて、操作性が上がって記事装飾スピードが向上するメリットを得ることができるんだということですね。

それから利用するテーマによって表示内容が異なります。副業サラダはAFFINGER6を利用しているので上図のような装飾パーツ表示になっています。AFFINGER6はかなり便利なのでこちらも一度利用を検討してみても良いと思います。

しょうだい
以上、基本エリアの説明でした
しょうだい
ここからは詳細エリアについて説明します

 

各詳細エリアの説明

カテゴリー(記事をカテゴリー分けしたいときに利用)

【WordPress】はじめての記事を書いてみよう_カテゴリーを選ぼう

記事をカテゴリー分けしたいときに利用します。

記事作成に慣れたら「新規カテゴリーを追加」してカテゴリー分けしてみると良いと思います。

メタディスクリプションとアイキャッチ画像

【WordPress】はじめての記事を書いてみよう_メタディスクリプションとアイキャッチ画像

↑記事作成画面を下にスクロールしていくと メタディスクリプションとアイキャッチ画像を設定するエリアが表示されます。

ここもAFFINGER6を利用した場合の表示なので注意して下さい。

しょうだい
もはやAFFINGER6は利用すべきだと暗に伝えてるよね…(本心)
メタディスクリプション

【WordPress】はじめての記事を書いてみよう_メタディスクリプション

例えばGoogleでググって記事が表示されたとします。そのとき表示される緑枠の部分がメタディスクリプションです。

120文字でまとめると全文表示されます。

長すぎず簡潔な文章でまとめましょう。

しょうだい
メタディスクリプション設定で要約文を検索結果に表示できるから記入することを推奨する!
アイキャッチ画像

【WordPress】はじめての記事を書いてみよう_アイキャッチ画像を設定しよう

アイキャッチ画像を設定すると上図のように記事が読みたくなる装飾ができます。設定すると雰囲気が良くなるので毎回設定することをおすすめします。

ただしこの記事表示もAFFINGER6だからなせる技なので注意。

しょうだい
もうAFFINGER6利用しちゃって!

画像は携帯で撮影したものを利用してもいいし、フリー素材サイトから引っ張ってきてもOKです。

ちなみに僕はphotoACというサイトから素材を利用しています。参考にチェックしてみてください。

しょうだい
記事内容に紐づいた画像を設定するとGOOD!

 

以上が「Classic Editorを使って記事投稿する方法」でした。

最後にClassic Editorのプラグインインストール方法を説明しておきます。

 

Classic Editorのインストール方法

Classic Editorのインストール方法1

ダッシュボードのメニューから「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

Classic Editorのインストール方法2

切り替わった画面で「①Classic Editorを検索する」→「表示されたClassic Editorを今すぐインストールする」→「③インストール完了後に有効化をクリックする」

しょうだい
これでClassic Editorが利用できるようになったよ!

 

こんなところですかね。参考になったよ!という人はぜひSNSで記事の紹介をよろしくお願いいたします。

しょうだい
副業サラダ(当サイト)のお気に入り登録も忘れずよろしくお願いいたします!

 

しょうだい
以上、「【WordPerss】「記事」の作成方法を画像付き解説┃初心者用」でした

 

  • この記事を書いた人

やのしょうだい

副業サラダ管理人。"ブログ副業"を中心に副業で稼ぐ方法を紹介しています。頑張る会社員さん、将来が不安な大学生さん、自由を求めるフリーターさんのサポートサイト。"好き"と"得意"で収入を作ろう。埼玉県在住の2児のパパです。FXトレーダー10年目🌊🏄💹

-WordPress, ブログの始め方