仕事の悩みから探す

初代パチスロエウレカセブンが好きすぎてパチスロ開発者を目指した話┃今はパチンコ開発者

「好きこそもの上手なれ」という言葉がありますが、その言葉で今の仕事に就いた話をしたいと思います。

パチスロ好きの人は単純に楽しめる内容です。特に初代エウレカ好きは読み応えあるはず。一緒に過去を振り返ってくれると嬉しいです。

また、就職活動で悩んでいる高校生や大学生、会社員にとっても勇気づけられる話かなと思います。何か1つでも熱中できることがあれば仕事になるから熱中できることを見つけよう!

はい、ということで当サイト運営者の思考も紹介しつつ話を展開してまいります。自分語りな記事ではありますが、面白おかしくまとめあげたのでぜひ楽しんでください。

では始めます。

初代エウレカセブンに出会って就職活動を辞めた

「波に乗れ!」エウレカセブンがメタルウィンにやってきた

さっそく余談ありありで話を展開します。パチスロファンしかついてこれないと思いますが 笑

初代エウレカセブンに出会ったのは大学3年の時だったと思います。

そのころ特に就職したいとも思っていなかった僕は通いなれたパチスロ専門店で毎日過ごす日々を送っていました。

大学は広島県の尾道大学という場所に通っていて当たり障りない生活をしてました。

パチスロ専門店の名前はメタルウィン。

今このホール名を聞いても当時の思い出がよみがえってきますね。

初代エウレカセブンの導入は2009年だったかな?正直、エウレカセブンがホール導入されたときはアニメも知らなかったしそれほど興味もなかったです。「新世紀エヴァンゲリオン 約束の時」を打ったことでがっつりパチスロに心を奪われていたのでとにかくエヴァを打ちに行く毎日でしたね。ちなみに「新世紀エヴァンゲリオン まごごろを君に」もすごく面白かったらしいですけど僕はホールで打ったことがないです。(同じようなタイミングで打ち始めた人いるかな?)

エウレカセブンを打ち始めたきっかけは開発メーカーがSammyだったことに尽きます。「格闘美神 武龍」や「パチスロうる星やつら2」が好きでSammyのパチスロ機自体が好きな人間でした。

僕がパチスロを覚えて1年経過したころからART機が出始め、エウレカセブンもART機として市場導入されました。「第3のボーナス」というARTのキャッチフレーズがすごく新鮮でかっこよかった。

他メーカーのART機だと大都技研の「忍魂(初代)」、ユニバーサルエンターテインメントの「緑ドン(初代)」が全盛期で、イベント告知が可能だった当時、メタルウィンでは「緑魂」というイベントが火曜日に、「エヴァレカセブン」というイベントが水曜日にありました。「緑ドンと忍魂に高設定が入る"緑魂"」、「エヴァ約束とエウレカセブンに高設定が入る"エヴァレカセブン"」というイベントでした。

まぁこれが本当に高設定が入っていましたし、知り合いの大学生もわんさか来るため店内満席、よって設定1でも高稼働。そのかいもありガセイベントとならず常に高設定が期待できるイベントでした。だから僕としてはずっと宝探ししている感覚で、夢見心地、最高以外の言葉が見当たらなかったです。

朝の入場順は並び順だったので暇な大学生は朝7時から開店9時を待つなんて日常茶飯事でした。

この辺でおおまかな当時の回想は終えますが、メタルウィンはまだ元気に営業しているみたいなので広島県尾道市に訪れることがあったら是非足を運んでみて下さい。

しょうだい
千光寺と尾道商店街を巡った後はメタルウィン観光がおすすめだよ

初代エウレカを打つと"どこか遠くまで行ける気がした"

では肝心の初代エウレカについて話を広げます。

初代エウレカセブンを打つと完成度の高さから"今が人生のピークだ"とすら思いました。

大学の知り合いがどこか旅行出かけていても、それをうらやましく思うこともなく毎日エウレカ。

正直おもしろ過ぎた!

毎日エウレカに座り夜まで打ち込み、水曜日のエヴァレカセブンは血眼になって席取りする感じ。

また同じ環境が生まれたら同じ行動をとるだろうと思います。

初代エウレカの良い部分は無限に喋れますが、演出で特に好きだったのは『「ART突入→コックピット画面でRT状態切り替え準備→ART50ゲーム数消化」までの一連の映像とBGM』。真っ白な雲の上を駆け抜けていくニルヴァーシュに乗った気分になれるコックピット画面(RT状態UP待ち中)、その後に俯瞰で眺めるニルヴァーシュ(ART50G消化中)、どっちも最高にかっこよかった。ART中にボーナスを引けばARTは50G保持から再スタートですし、レア役を引くことでARTをストックすることもあります。

ストック数を内部に隠すことが多い仕様だったので50G消化後にゲッコーステイトがバシューンとやってくるのが堪りませんでしたよね。

とか思ってたらいきなりBGM変化してSTORY WRITER流れたり。超高確レギュラーボーナスから全正解して太陽の真中へが流れたり。はたまたニルヴァーシュかと思えばデビルフィッシュ出てきたり、ジ・エンド出てきたりと最高ですよね。

このゲーム性も含めた映像の期待感から、僕は「エウレカさえあればどこか遠くまで行ける気がする」と思い始めます。

人生においてこれほどの衝撃を受けたことがなかった僕は、大学の卒業論文さえ「パチスロ交響詩篇エウレカセブンの可能性について」で制作しようと考えるほどでした。大学教授にパソコンを開いて公式ページを一緒に見ながら力説しましたが、残念ながらその夢は実現しませんでした 笑

初代エウレカを打ち「自分も開発者になろう」と決めた

就職活動が始まるころ僕はエウレカセブンをほぼ毎日打っていました。そして決心していました。

「自分もパチスロ開発者になろう。」

好きだったエウレカセブンを打てば打つほどその気持ちは高ぶり、例えば4ラインで成り立つこのARTの仕組みはどうなっているんだろう?と試行錯誤する日々が始まります。

その後にホール導入されたサクラ大戦もエウレカセブンと同じく4ライン(下段無効)のリール制御で作られてましたよね。ひたすらウンウン分からないなりに考えていたので鮮明に覚えてます。大学の仲間とあ~でもない、こ~でもないと話すのが一番楽しい時間になっていきました。

当時はパチスロ必勝本を穴が開くほど読んでいたのを思い出します。梅屋シンさんのコラムとか嵐さんのコラムとか好きでした。KEN蔵さんの実勢レポートも良く見てました。同年代ということもあり親近感からか立ち回りの参考にしてました。

最終的には僕のパチスロへの熱量だけがひたすら高まり、仲間はしっかりと就職活動を始めたので僕だけ1人ぼっちみたいな状況になりました。「開発者になると決めたなら仲間と同じタイミングで就職活動しなよ!」と普通思いますよね。でもパチスロ打ってましたね 笑

実際、Sammyの会社説明会には参加しました。けど就職活動はしませんでした。

他にもやりたいことがあったからです。

パチスロ開発者になる前に"海外生活を経験する”ためオーストラリアへ

見出しの通りなんですが、仕事に就く前に「海外生活してみたい願望」があったので、大学卒業後はまず海外に行くことを決めていました。

思い立ったら行動に移す性格なため"海外生活する夢"も"開発者になる夢"も実現させたかったんです。

ただ、日本で仕事に就いた後に海外生活を始めるのは当時の僕には非現実的に思えたので、まずは海外生活、そのあと開発者という段取りで進めました。(親に仕事を辞めて海外で暮らす理由を説明できず計画がとん挫しそうだな~とかよく考えてましたね)

同じ大学に僕のような卒業後の進路を検討している人間がいなかったので、ほぼすべての人たちに否定的なコメントを頂きました。あとは「ドリーマーだね」みたいなコメントももらったかな。ゼミの教授だけは広い目で見てくれて前向きにサポートしてくれたことを思い出します。

当時の彼女とかめっちゃ否定的で、最終的には「現実を見ない相手とは付き合い切れない」と別れを告げられました 笑

こればっかりは笑うしかないですよね。

ついでに一緒に飼っていたウサギも引き取られてしまい、思い返すだけで悲しい思い出です 笑

…余談が過ぎますね。はい。

そんなこんなで僕は大学卒業後にすぐオーストラリアで海外生活を始めます。

パチスロ作りたい欲が爆発しオーストラリアの図書館でリール配列を作り始める

オーストラリアで英語漬けな日々を送りつつ、サッカーしたりなんだりしながら楽しむ毎日を過ごしていましたが、結局パチスロ作りたい欲が爆発します。

ちなみにシドニーで過ごしました。帰国前にサンシャインコーストで少し過ごし帰国。1年滞在の予定でしたが10ヶ月程度で日本に戻りました。

「パチスロ作りたいんじゃ~!」が爆発。

英語学校に通っていたのですが、そこで将来の目標を英語でプレゼンするタイミングがあったんです。そこで「パチスロ開発者になる」と資料をまとめていた時に「パチスロ何それ?ああ、ギャンブリングスロットね」と軽視されたことイラッときたんですよね。

「パチスロはパチスロです。カジノにあるスロットとは全く別物。ギャンブル要素よりエンターテインメント性が高い遊びだし、何より『遊技機』!わかるかな?ユーアンダースタン!?」

めちゃくちゃ面倒だったと思います 笑

リール配列はすべて独学でノートに書きまくってました。最低限のコマ滑りの知識と「好きだった機種のリール配列」を組み合わせることで自分なりの配列を組むのが帰国前のオーストラリアの日課でしたね。

この一件を境に、僕はやはりパチスロが好きなんだと再認識し、帰国してパチスロ開発者になることを志します。僕の海外生活は未来の働き方をしっかり見定めるためにも役立ったなと今思い返すと感じます。

帰国後にG&Eビジネススクール新宿校に入学

G&Eビジネススクールをご存知ですか?パチンコパチスロ好きなら一度は聞いたことがあると思いますが「パチンコパチスロ業界で働くことを目的としたスクール」です。

帰国後、僕はG&Eビジネススクール新宿校に通っていました。今は渋谷校に移転したのでもう新宿にはありませんが、新宿アラジン付近を歩くと当時の記憶がよみがえります。

僕の出身は山口県です。オーストラリアから帰国後に東京に出るきっかけが欲しかったんです。それに海外生活をしていたからといって「パチスロパチンコメーカーが僕を採用したくなる理由」にはならず、勝算がないなと思ってました。それで業界に関わりつつ東京で過ごすためにG&Eビジネススクールへの入学を選択しました。

ちなみに入学前のスクール見学時に自作リール配列を持ちこみ「これが作りたいけど実現できる!?」と営業担当に問いかけ熱意の勢いからか、めちゃくちゃ笑われました。感覚的に好印象だったので、独学とはいえ今までの行動は間違ってなさそうだなと感じたのを覚えています。

あれから10年経過したんですが僕と同じようなスクール入学者がいたとすれば仲良くなりたいな~と今この記事を書きながら思ってます 笑

しょうだい
熱意はなにより大事だよね!

パチスロパチンコメーカーに入社する

スクールに通いつつ就職活動しているとスクールを卒業する前にパチスロパチンコメーカーへの入社が決まりました。

業界的にも有名な会社で、これで僕のパチスロ開発者になるという道が現実的になってきました。

これで大学時代に掲げた2つの目標「海外生活をする」、「パチスロ開発者になる」をほぼ狂いなく達成できる環境が整った状態になりました。

わーい!やったー!

まぁ結局、結論を話すと『パチンコ開発者』になったんですけどね。

パチスロ開発ではなくパチンコ開発をすることになった経緯を今後も改めてお話することは無いかなと思いますが、すごく簡潔に説明するなら「パチンコ開発チームの一員として求められたから」です。海外生活する目標は1人意思決定でき達成できましたが、会社員として会社で働くとなると組織の意向も含まれるため理想通りにはなりませんでした。

とはいえメーカーの開発者になりたくてもなれなかった人をスクールで見てきたので、採用してもらったこと自体に感謝すべきだと感じています。出会いや巡り会わせも人生。

目標とした的の中心から少しだけズレましたが、それでも目標の的に矢が刺さったことに対する達成感は大きかったです。

「サラリーマンになれたきっかけ:初代エウレカセブン」って面白いよね

大学の時に初代エウレカセブンと出会っていなければ、僕が今サラリーマンとして働いていなかったんじゃないかと思います。

それくらい会社員として働くことに熱意を持てていなかったし、夢もなかったです。

こうして振り返ると「熱中できるもの」に出会ってから人生は大きく動いたよな、と思います。初代エウレカセブンに出会わなければ今の自分はいませんからね。

ここで伝えたいことは「会社員(サラリーマン)になることが正義だ!」ということではなく『熱中できるものを見つければ何かしらの働き方に出会えるし収入は作れるよ!』ということです。

初代エウレカセブンに出会って僕はパチスロ開発者を志し、その目標に向かって日々過ごしたことで仕事を得ました。

初代エウレカセブン開発者さんには感謝しかありません。とにかく感謝。

サラリーマンになれたきっかけが「パチスロのある1台」だったことは自身の体験談でありつつも面白い話だなぁと思います。

以上でこの記事のメインどころとなる話は終了ですが、面白かったですか?お昼休憩中の人や寝れずベットで横たわっているあなたの暇つぶしになれたなら幸いです。

また、僕や当サイトに興味を持っていただけると嬉しいです。

しょうだい
お話はここで終わり。Twitterなどでこの記事の感想がもらえたらすごく嬉しいです。

最近の僕が熱中していること3つ

最後に「今のしょうだいは何に熱中しているの?」を紹介したいと思います。初代エウレカセブンが大好きすぎてパチスロ開発者を志した人間が今特にハマっているのは次の3つです。

●ブログ作り
●FXトレード
●日本株トレード

パチンコ、パチスロはもちろん大好きです。ただ超ハマっているのは「ブログ作り」、「FXトレード」、「株トレード」のこの3つです。

今読んでもらっているこの記事も僕が作りましたし、記事を載せている『副業サラダ』というサイトも僕が1人で作っています。これがものすごく楽しいんです。

ブログは趣味として毎日の充実度を上げてくれますし、驚くことに収入源にもなるんです。別サイトでパチンコ/パチスロブログを運営しているのですが更新しなくても月に1万円は収入があります。

例えば月に1万円稼ぐブログを10個持っていれば働いていなくても月10万円の収入が入ってきますよね。ブログはこれができるからすごいですし、面白いですよ。

FXトレードと日本株トレードは大学のころからずっと続けています。これまたすごく楽しいです。

自分が想像したシナリオでチャートが推移してくれた時なんかは特に感動しますし、狙い通りであればトレード収入が入りますからね。

もちろん失敗は何度もしてきましたが失敗は失敗で経験値、それも面白いですよ。為替や株の値動きで世の中の動向にも意識が向くようになるのでニュースを見るのが楽しくなったりするのもメリットです。

僕は今子供を育てていますがブログもトレードも覚えさせる予定です。
ブログとトレードを小さいことから覚えさせることで働き方の可能性は広がると思うので。

最後に「おいおい、そんなこと言われたらブログ副業気になるな…」、「会社の休み時間にFXトレードでも挑戦してみようかな…」と思った方々へおすすめ記事を紹介して終えたいと思います。

以上で「初代パチスロエウレカセブンが好きすぎてパチスロ開発者を目指した話┃今はパチンコ開発者」という記事を終えます。

長々と読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

やのしょうだい

副業サラダ管理人。"ブログ副業"を中心に副業で稼ぐ方法を紹介しています。頑張る会社員さん、将来が不安な大学生さん、自由を求めるフリーターさんのサポートサイト。"好き"と"得意"で収入を作ろう。埼玉県在住の2児のパパです。FXトレーダー10年目🌊🏄💹

-仕事の悩みから探す