FXチャート予想

【上位足でダウ理論判定】6月4週目ドル円チャート予想┃2021年

しょうだい
この記事の内容は「6月4週目のドル円チャート予想」です。

6月4週目のポンド円チャート予想はこちら

先週のドル円チャート予想はこちら

【月足チャート】優位性はロングにあり(上目線)

月足チャートでダウ理論判定しよう

月足チャート要約

  1. 右下りラインを上抜け状態
  2. 右上りラインに潜り込み状態
  3. 直近ローソク足では上目線
    →ダウ理論的にロング優勢
しょうだい
大きな波に乗るトレードを意識

下位足チャートを見ると目線がコロコロを変化しますよね。チャートに張り付けるトレーダーは下位足チャートから短期的な優位性を導き出しトレードしますが、会社員しながらのトレーダーはそれが難しいと思います。

会社員トレーダーは「本業に支障を出さないという意味でも大きな時間軸で波を掴む戦い方」がベターです。

心がかき乱されないトレードを心がけましょう。

次は日足チャートを確認しよう。
しょうだい

【日足チャート】上昇チャネルも可視化しやすい状態

日足チャートには日足専用のライン引きで判定しよう

日足チャート要約

  1. 日足専用のラインも上目線
  2. 月足、日足ともに上目線
  3. 押し安値を切り上げ戻り高値を更新中

→日足でもロング優勢

しょうだい
一時的な下落を待ってロング勝負

期待値高めなのはショート戦略ではなくロング戦略のようです。

次に4時間足チャートで判定!
しょうだい

【4時間足チャート】ショートのおすすめエントリータイミングを紹介

固そうなサポートラインを見つけてロング勝負がベター

ロングで勝負する展開はこれ!

ロングで勝負できるチャート推移/位置

  • 押し安値付近まで引きつけてロング。

➡︎押し安値割れで損切りを繰り返す戦略!

しょうだい
負けpps幅を意識しつつ大きく値幅を取ろう

ロングに優位性があることは上位足で結論づきましたよね。

なので目線はロングなんです。

4時間足チャートで意識するべきは「引きつけてロング勝負」です。

それなりの値幅を取りに行くためにも「いったん下落を待ってから、ロング」の心構えでトレードしましょう。

では、どこまで下落を待つのか?という話になりますよね。

キーワードは「押し安値」です。

押し安値を割ってくれば下目線になりますが、割らなければロング優勢ということです。で、現在ロング優勢なのだからシンプルに押し安値を割る確率よりも「押し安値を更新していく展開」になりやすいということ。

トレードは期待値を掴み取る勝負です。

損切りトレードに心を惑わされずにロングで上手に値幅を取るのが推奨です。

ショートで勝負する展開はこれ!

ショートで勝負できるチャート推移/位置

  • 上のオレンジラインタッチまでステイ

➡︎ショートに優位性はあまりない状態

しょうだい
押し安値を切り下げたらショート

ロングの優位性が目立つのでショート戦略はステイで。

トリプルトップ形成を回避し上昇トレンドを形成している状態なのでここは素直にロング目線でトレードしましょう。

しょうだい
上昇チャネル割れでショート目線でOK。
しょうだい
以上、「【上位足でダウ理論判定】6月4週目ドル円チャート予想┃2021年」でした。
毎週末に週間予想しています。
お気に入り登録お願いします。
しょうだい
  • この記事を書いた人

やのしょうだい

副業サラダ管理人。"ブログ副業"を中心に副業で稼ぐ方法を紹介しています。頑張る会社員さん、将来が不安な大学生さん、自由を求めるフリーターさんのサポートサイト。"好き"と"得意"で収入を作ろう。埼玉県在住の2児のパパです。FXトレーダー10年目🌊🏄💹

-FXチャート予想